worry man

常に潜伏している性病

The man lying on the bed

アプカリスSXオーラルゼリーはお水がなくても飲めるため、いつでもどこでも飲めるお手軽さが人気です。

カンジダの潜伏期間は人によりバラバラです。一定の期間で発症するものではなく、疲労や寝不足など健康状態に左右されるものだからです。

性器カンジダは女性であれば誰もが発症してしまう危険性のある病気です。カンジダは常在菌なので、誰もが体の中に持っています。なので体の免疫力が落ちてしまった時に性器カンジダを発症させてしまいやすいのです。その証拠に性器カンジダの感染者は自己感染である場合がほとんどで、その割合は9割を超えています。ではなぜ女性の性器カンジダが多いのかと言いますと、それは女性器が水気を含んでいることが関係しています。膣内は一定の水分が保たれているので、菌が繁殖をしやすいのです。
性病には潜伏期間というものが存在します。性器カンジダにも潜伏期間はあると言えるのですが、常在菌なのでこれを潜伏期間と言っていいのかは分かりません。カンジダに関しては常に潜伏期間であると言えるからです。体の免疫力が落ちる時を常に見計らっています。
性器カンジダに感染をしてしまうと膣内や外陰部に猛烈な痒みを感じてしまうようになります。この痒みは普通に立つことも難しくなるほどです。この他にはおりものに変化があらわれます。ヨーグルト状のおりものになることもあれば、白くぽろぽろとしたおりものになることもあります。
性器カンジダの予防のためには性器を清潔にしておく必要があります。通常、膣内は乳酸菌などがあるので常に清潔に保たれています。しかし、過度な洗浄などによって乳酸菌が洗い流されて膣内の環境が悪化してしまうのです。なので膣内を石鹸で洗ってはなりません。ゆとりのある下着を穿くことで通気性を良くすることも効果的ですよ。